丸芭呂具。~犬2、猫1、ヒト2の日々~

犬はラブ、猫は白黒、ヒトは地味。――初めての方はカテゴリの「はじめに」からどうぞ――

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー子とカラス。

少し前に前、味噌パックをつつくカラスの話しを書きました。
今日はもうちょっと違った感じの話しです。



行きつけの、近所のドッグランに行った日のこと。

その日は結構日差しが強く、全開で遊ぶ黒ラブクーを
強制的に休ませながら過ごしていました。

平日だったので他に犬はいませんでした。

強制的と言っても、ボールさえ隠しておけば走ることもなく
少しはクールダウンできるのです。

……と思ったら。

クーがぴゅーーーっと走り出しました。

ボールを追いかけている時とか、ビーグルにけしかけられて
追いかけている時とか、

まるでそんな感じの走り方でした。



敵はカラス。

同じ黒同士ということで、もしかしたらクーはシンパシーを
感じたのかもしれません。

カラスの方はちょっと違って、柵の上にのり、ぴょんぴょん
ジャンプしながらクーのことを見ています。

やーいやーい、ばーかばーか、
ここまでこれるもんなら、きてみなよー


もちろん声にこそ出してはいませんが、どう解釈しても
そういう意味の態度にしか見えません。



このカラスは頭のいいやつで、犬用のおやつを人の鞄から
盗み出すという、荒業を持っているのです。

この日も犬と人が来たのを見て何がしかを失敬しようと思い、
空からやって来たのでしょう。

  ざーんねん。
  私はおやつを持っていないのだ。
  はっはっは~。
  いくら頭が良くて盗みがうまくても、
  私という人間を理解していないようだな~。

そんなふうに言ってやりたいくらい、頭が良すぎてにくたらしい
カラスです。

ちゃーんと、ヒトが鞄から離れるのを見計らって攻撃してくる。
家政婦は見た、かどうかは分からないが、私は見た。



さて黒ラブクーちゃんは、カラスと遊びたくてどうにもこうにも
仕方がないようです。

一生懸命前足と背中をぐーっと伸ばす、遊びに誘うポーズを
カラスに向かってやっています。

カラスは相変わらず柵の上で、ぴょんぴょんぴょんぴょん
飛び跳ねています。

やーいやーい、ばーかばーか、
おまえ、
いぬとカラスのくべつもつかないのかー、
ばーかばーか、




なかなか遊びにのってくれなかったカラス君。



きっとそう言ってたんだよ、クーちゃん。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。

バナー

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。