FC2ブログ

丸芭呂具。~犬2、猫1、ヒト2の日々~

犬はラブ、猫は白黒、ヒトは地味。――初めての方はカテゴリの「はじめに」からどうぞ――

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤだ、イヤだ。

狂犬病の予防注射の時期なので、先日、動物病院へ
行ってきました。


猫はバスケットなどに入れられて来るので、その表情を
垣間見ることはできませんが、

たいていの犬はつながれて来るので、その様は丸見え。


病院の手前までは、意気揚々と歩いてきたダックスちゃん。
ところが、病院の建物が見えた瞬間に「はっ。」となり、

「イ、イヤだ、イヤだ!!
 ここに行くの、イヤだよ~!!」

という心の叫びが聞こえてくるように、四本の足を突っ張って
飼い主さんの誘導に抵抗しています。


しかしこの犬は、残念ながらミニチュア・ダックスだったため、
簡単に飼い主さんに持ち上げられ、御用。

間違いなく、ぶすりと注射をされたことでしょう。


待合室までは平気でも、呼ばれて診察室に入る時には、
全力で抵抗するゴールデン。


ずるずると引きずられて入室する様は、待合室の中を
あらあら、うふふ、という和やかなムードにしますが、

飼い主さんは、顔から火が出るような思いでしょう。



さて、ゴゴ・クーは、病院の敷地、待合室、診察室。
どこに入るのも全然気にならないようです。

しっぽを大きく振り、ゴキゲンな様子でお邪魔します。


どうやら診察室に入るまで、ここが病院だということを
忘れているようで、

先生の顔を見て、初めて 「はっ。」となるのです。

「あ、イエ、先生、結構です。
 ぼくたち、帰りますから。」


と心の中で言い終わらないうちに、母からよいしょと
持ち上げられて、

診察台の上で、御用御用。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。