丸芭呂具。~犬2、猫1、ヒト2の日々~

犬はラブ、猫は白黒、ヒトは地味。――初めての方はカテゴリの「はじめに」からどうぞ――

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の念力。

以前、ゴゴが念力で棚からおもちゃを落とした……という
投稿をしたことがありましたが、

今日は、本当の念力のお話しを致します。

わたくし、念力持ってますのよ。
ほほほ。(三輪明宏ふう。)



それはゴゴが一昨年、急性腎不全を起こしてしまい、
命が危ぶまれた頃のできごと。。


生きるか死ぬかという状態で、毎日病院に預けていた
そんな時期に、

私たち夫婦は、連合町内会の運動会に参加していました。



なんでまたそんな時に……と思われるかもしれませんが、
ちょうどその年は、町内会の役員担当の年だったのです。


ゴゴがもしかしたら危ないかもしれないのに、

玉入れをしたり、
借り物競争をしたり、
綱引きをしたり、
ボール送りをしたりと、

運動会に参加するのはほぼ役員だけなので、一人で
6~7種目もの競技に出なければなりませんでした。



そして運動会もクライマックス。

1丁目、2丁目と各丁目ごとにある町内会の、対抗リレー。
(ちなみに我が家は5丁目町内会。)


ただでさえ参加者不足で、しかも高齢化が進んでいる、
古い団地の運動会では、

30代男性は、スーパー・ヒーローと同じ。


つまるところ夫は、スーパーヒーローだったので、リレーも
アンカーとして参加することになっていたのです。



アンカーって……。



私ははっきり言って、やめてけろ、と思っていました。



何故なら彼は、

結婚1週間目の時に、付き合いで行った野球の試合で
アキレス腱を断裂させ、

その後1ヶ月帰ってこなかったことがあるからです。



こんな大変な時に、またアキレス腱でも切ったら……。

ゴゴの通院と自分の仕事と夫の看病まではムリだよ~。

怪我しないでくれ~、
無事でいてくれ~、
思い切り走るな~、
なんでもいいから怪我さえしなきゃいいよ~(泣)。

私は強く強く、心の中で念じていました。



5丁目町内会は60代、50代とも1位で走りぬけ、
夫の前の40代の男性へとバトンが移るところでした。


みんな5丁目町内会、ガンバレ~と必死に応援。


ああ、そんなふうに1位のプレッシャーがあると、
夫が思いっきり走っちゃうかもしれないじゃないか~。

やめてけれ~。
応援なんぞせんでもいいよ~。


そんなことを、さらに強く心に念じた時。







あ。


40代・男性が、転んだ。


あ、足をおさえてる。


ケ、ケガしたのかな?


だ、大丈夫かしら???



トラックの向こう側のアンカーのスタート位置に立ち、
夫は呆然としていました。

まさかバトンがきていないのに、走るわけにもいかず……。





そんなワケで強く願った私の思いは、ついにかなったのです。



夫は後々、その時の私の様子をこう言いました。


 「じっと見つめて、ふふふと笑っていた。」





どうですか。

念力、ありそうじゃないですかね?








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。