丸芭呂具。~犬2、猫1、ヒト2の日々~

犬はラブ、猫は白黒、ヒトは地味。――初めての方はカテゴリの「はじめに」からどうぞ――

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任者。

卒業シーズンに因んで、手前みそながら学生の頃の
思い出話しを “おひとつ”。



大学生の頃、私は音楽系サークルに所属していて、
大から小から様々なコンサートに参加していました。


コンサートをするにはお金がかかります。


一番大きいのは会場の賃料。


有名人のコンサートだったら、その他にギャランティ
というものも発生するのでしょうが、

学生が出演するコンサートといえば、

出演者みんなが「チケットノルマ」と言って、何十枚もの
チケットを知人友人家族その他大勢に売って歩くのです。


売って歩くというのは建て前で、大概の人は
「自分が出るからコンサートのチケット買ってえ。」
とは言えずに無料で譲り、

つまるところは自腹を切って、コンサートに出演していた
わけなのです。


好きでやってることなので、全く文句は言えない仕組み。



私はといえば、同じサークルの人意外に、友だちどころか
知り合いすらも皆無の状態だったので、

最初から譲ることもしないで、その辺に放っぽっておいた
記憶しかありません。


……今とあまり変わらないなあ。


今だって家の犬猫と、近所をうろうろしている外猫くらい
しか友だちいないし。(←友だちか?)




チケットノルマの話しも思い出が尽きないのですが、
これ以外にもお金を集める作業がありましてですね。


『広告取り』です。


よく、地域のお祭りや運動会なんかで
「〇〇町内会の夏祭り開催をお祝い申し上げます。」
なんて文言と共に会社の名前がのってたりします。


あれには宣伝効果があるということで、企業や会社から
「広告料」をもらい、それを行事の費用に充てるわけです。


で、学生やアマチュアがコンサートをやる時にも、
資金繰りを少しでも良くするために、この『広告取り』を
やるわけです。



私もやりました、『広告取り』。


学生相手の不動産屋とか、大学近辺にある学生が良く
使うようなお店、

――コンビニ、居酒屋、自転車屋なんか――

からは、割と快くOKをもらうことができたのですが、

下っ端のペーペーの頃にはその仕組みが良く分からず、
手当たり次第にその辺の店や会社に飛び込んでしまい、
門前払いをされていたものでした。


「背広のお仕立て、致します」なんて看板の出ている店で、
学生相手に広告出しても仕方ないですから。


あと、何も分からずに「〇〇種店」なんていう、
農家の人向けに種や苗を扱っている店に入ってしまって
おん出されたこともありました。


それから、店に入るととりあえず最初に

「責任者の方はいらっしゃいますか?
 わたくし××大学の学生の者なんですが……」

というあいさつで始めるというマニュアルもありました。


私もあっちこっちで、

「こんにちは、××大学のものです。
 すみません、責任者の方いらっしゃいますか?」

と聞いて歩きました。



ある八百屋だったかスーパーだったか入った時のこと。


何人かの人が、忙しく働いているところへお邪魔をし
マニュアルセリフを語った私に、

すぐそばにいたおじ様が、ちょっと面倒くさそうな顔で
こう返してきました。


「さあねえ。そんな人いるかなあ。
 うちの店は全員が責任もって働いているからさあ。」




今は昔、懐かしき学生時代の思い出也。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

スポンサーサイト
COMMENT
ジャンキーさま。
本当だね。
もうあれから20年程経っているので、もしも今でもその店があれば
きっとあのオッサンが言ってたことが、正しく実践されていたんだと
思われます。
そう遠い場所ではないので、今度、見に行ってみますね。
おお!!
なんて素晴らしい親父なんだ!!
その八百屋さんは商売繁盛するでしょう。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。