丸芭呂具。~犬2、猫1、ヒト2の日々~

犬はラブ、猫は白黒、ヒトは地味。――初めての方はカテゴリの「はじめに」からどうぞ――

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとしもの。

今朝、おとしものを見ました。


比較的山の中の、でも交通量はまあまあ多い県道。
いつものように運転中でした。


山道なので、信号がほとんどない。

それに交通量が多い片側一車線なので、ちょっと気軽に
車を停める、というわけにはいきません。





それなのに……。

その県道のど真ん中に、 米袋 が落ちていました。





わ。

米だ。

も、もったいない。





そう思った自分にもビックリしました。


今年で結婚10年目ですが、「なんちゃって主婦」なので、
主婦業をした時間をカウントするとしたら、

1年とか2年とか、かなあ……。

まだまだ、新婚の域じゃあないですか(笑)。


主婦業の技量は新婚レベルでも、もったいない根性は
着実に成長していたようです。


私も、いよいよもって主婦らしくなってきたもんだ。
ワハハ。





いや、そうじゃなくて米袋、米袋。

ああ、もったいない。

多分あの袋は10キロ入りのササニシキ。

うわ、もったいない。

もどって拾おうかしら。

いやいや、だめだよ仕事中。

なに言ってんの、いっつもサボってばっかりいるくせに。

もどっちゃおうかな。

でも、車停められるんかい???





……結局、今一歩の勇気が持てなかった私。

引き返すことをせず、心にわだかまりを残したまま、
今日という日を終えようとしています。



いつか、悩まずにぱっと拾いに行けるようになりたい。
ごにゃごにゃ考えるのはやめたいものだ。



その日を目指して一路邁進あるのみ、と思うのですが、
どう努力したら良いのか、それも知りたいところなのです。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

スポンサーサイト

もちろん、そのとおり。

今日はお休みだったので、ちょっくら買い物に行ったり、
犬と出かけてきたり、んでもって少しだけ仕事の関係で
用事を済ませに行ったりしました。



用事を済ませるために行った場所は、〇市民センター。
大した用事でなかったので、あっという間に済みました。


買い物をした後だったので、ああ、お金足りないかなあ、
今日の夕飯の買い物できるかなあ、などと思いながら、

〇市民センターを出ようとしました。


しかし、出入り口の近くにカレンダーが張ってあり、
そこにでかでかと書いてあった文言に、思わず注目。


動きがストップしてしまいました。







暮らしは低くとも理想は高く







こ、これっていいのかしら。

あなたの生活はレベルは低いですよって、断定しているような
そんな気がしないでもないのですが。


見ず知らずの人間に、道端でいきなり説教をされたようで、
なんだか複雑な気分になりました。



暮らしは低くとも理想は高く。

もちろんそのとおりだけど。さ。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

念力の真実。

念力のことを長々と書きましたが、もちょっと続き。


運動会で40代・男性をぶっ飛ばした(?)ことはともかく、
私は、ここぞという時に願いがかなうことが多いのです。


もともとそういうことが多かったということを話していたので、
夫も、私が念力を使って自分の前の走者を「ぶっ飛ばした」
と言ってきかないのです。





先日、また念力を使いました。

効いたかどうかは、今のところ分かりませんが。





ゴゴとクーの健康診断に行って来た時のことですが、
病院の診察室から、奥の処置室がほんの少し見えて、

その部屋にあるケージの中に、苦しそうに“ぜいぜい”
息をしているワンコがいました。


本当に苦しそうに、横になって、ぜいぜい、ぜいぜい。



ちょっと見えただけです。

当然ですが、私には何をすることもできません。



でもこういう時こそ、念力の話しを都合よく持ち出すのです。

「そうだ、私は念力があるんだ。」ということにしておいて、
そのワンコが少しでも苦しみから解放されますように、と

強く強くに願うことにしました。


初めて会っただけだし、ちょっと見えただけだけれど、でも、
会ってしまったんだもの。


だからそのコが少しでも仕合せに、快適に暮らせるように
念力女は祈るしかないのです…………。





もちろん、本当に自分に念力があるなんて思っていません。


ただ、そう思うことで何かを願う気持ちや、祈る気持ちを
諦めないで心の中で暖めることができるんだったら、

それはそれでいいじゃないかと考えるようになりました。



きっと、大丈夫。

だって、私が念力飛ばしたから。









バナー

本当の念力。

以前、ゴゴが念力で棚からおもちゃを落とした……という
投稿をしたことがありましたが、

今日は、本当の念力のお話しを致します。

わたくし、念力持ってますのよ。
ほほほ。(三輪明宏ふう。)



それはゴゴが一昨年、急性腎不全を起こしてしまい、
命が危ぶまれた頃のできごと。。


生きるか死ぬかという状態で、毎日病院に預けていた
そんな時期に、

私たち夫婦は、連合町内会の運動会に参加していました。



なんでまたそんな時に……と思われるかもしれませんが、
ちょうどその年は、町内会の役員担当の年だったのです。


ゴゴがもしかしたら危ないかもしれないのに、

玉入れをしたり、
借り物競争をしたり、
綱引きをしたり、
ボール送りをしたりと、

運動会に参加するのはほぼ役員だけなので、一人で
6~7種目もの競技に出なければなりませんでした。



そして運動会もクライマックス。

1丁目、2丁目と各丁目ごとにある町内会の、対抗リレー。
(ちなみに我が家は5丁目町内会。)


ただでさえ参加者不足で、しかも高齢化が進んでいる、
古い団地の運動会では、

30代男性は、スーパー・ヒーローと同じ。


つまるところ夫は、スーパーヒーローだったので、リレーも
アンカーとして参加することになっていたのです。



アンカーって……。



私ははっきり言って、やめてけろ、と思っていました。



何故なら彼は、

結婚1週間目の時に、付き合いで行った野球の試合で
アキレス腱を断裂させ、

その後1ヶ月帰ってこなかったことがあるからです。



こんな大変な時に、またアキレス腱でも切ったら……。

ゴゴの通院と自分の仕事と夫の看病まではムリだよ~。

怪我しないでくれ~、
無事でいてくれ~、
思い切り走るな~、
なんでもいいから怪我さえしなきゃいいよ~(泣)。

私は強く強く、心の中で念じていました。



5丁目町内会は60代、50代とも1位で走りぬけ、
夫の前の40代の男性へとバトンが移るところでした。


みんな5丁目町内会、ガンバレ~と必死に応援。


ああ、そんなふうに1位のプレッシャーがあると、
夫が思いっきり走っちゃうかもしれないじゃないか~。

やめてけれ~。
応援なんぞせんでもいいよ~。


そんなことを、さらに強く心に念じた時。







あ。


40代・男性が、転んだ。


あ、足をおさえてる。


ケ、ケガしたのかな?


だ、大丈夫かしら???



トラックの向こう側のアンカーのスタート位置に立ち、
夫は呆然としていました。

まさかバトンがきていないのに、走るわけにもいかず……。





そんなワケで強く願った私の思いは、ついにかなったのです。



夫は後々、その時の私の様子をこう言いました。


 「じっと見つめて、ふふふと笑っていた。」





どうですか。

念力、ありそうじゃないですかね?








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

はやりやまい。

何度かこのブログで申し上げてきましたが、わたくし、
体が弱いのでございます。

気は強いですが。


で、ご多分にもれず花粉症でもあります。


ただ、小さなプライドなのですが「杉」花粉症ではない。
(流行り物には乗らない主義。はっはっはっ。)



血液検査では「ハルガヤ」とか「カモガヤ」とか、「イヌ」(!)
「ネコ」(!)などの反応が強かった記憶があります。


他にも「小麦」とか「卵白」なんてのもあったけれども、
なんかもう、別にどうでもいいかなあと思ったりしています。


血液検査的に反応する物が多すぎて、全部気にしてたら
生活できないし。


「イヌ」「ネコ」がダメならば、家に帰ったとたんに鼻水とか
咳が止まらないとか、喘息の発作が起こるはずだし。


パンを食べてもうどんを食べてもパスタを食べても平気だし、
タマゴも別になあ。


一応自分で気をつけているのが、気温差とアルコール量と
トロピカルフルーツを食べないのと、掃除くらいかしらん。


てな具合に、明るくいいかげんなアレルギー(花粉症)生活を
送ってきていました。



でも最近、どうもおかしい。

くしゃみ、鼻水、はなづまり。

パッキンが壊れた水道のように、そりゃあもうだらだらと。



これはもしかして、うーん……。



アレかなあ?



く、くやしいぞ(泣)。



それに……。



鼻のかみすぎで鼻の下がぴりぴりして、いててててで、
仕方ないのでジェイソン・スケキヨの上に、さらに、

厚手のコットンに温泉水スプレーをたっぷりしみ込ませ
鼻のしたにあてておいたら……




い、息ができんっ。



恐るべし、流行り病。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

ルビーの首輪。

スーさんの首輪が壊れました。


カチッと留めるプラスチック部分が壊れたらしく、
ある朝人間が起き出していくと、

ソファの上に首輪が置き去りになっていました。


まるで家出でもしてしまったようです。



しかし、それは違いました。

首輪が取れたということは、一緒に鈴も取れてしまったので
スーさんの気配が全くしなくなっていたのです。


ふと振り向くと、何の音もさせずにスーさんが鎮座……。




スーさんの気配がないと、色々と困ったことがあります。


各部屋のドアの開け閉めから、単純な移動まで、
鈴の音がするのとしないのとでは大違い。


まとわりつきが多いスーさんのことを、いつ踏んづけてしまうか、
いつドアに挟み込んで一旦木綿のようにしてしまうかと、

とにかく危なくて仕方がありません。


そういう訳で、急ぎ新しい首輪を買いに行ったのですが、
今まで使っていたのと同じような物がありません。


これまではスーさんの白黒柄と、彼の性格に合わせて、
白と黒のアニマル柄。

鈴もシルバーで、ちょっとヤンキーな雰囲気が漂っていました。




スーさんのイメージに合うデザインがない……。




しばらく悩んだのですが、四の五の言ってられないし、
取り合えず鈴がでかい物を買おう。


そういう訳で買ってきました。


赤い首輪に、真っ赤なハートの迷子札付き+金の鈴。
その赤いハートのきらめきは、まるで巨大なルビーのよう。



スーさんのキャラに合わないなあ、と思いながらも、
最近また、寺尾聡がよくドラマに出ているので

『ルビーの首輪』 ということで許してくれや。


ということで、おそまつ。








『寺尾聡といえば、宇野重吉に似てきたニャ。』
ルビーの首輪。




ス、スーさん。

宇野重吉、知ってるの








うん、ソックリだよね~。
思わず、そんなふうに思ってしまったあなた。
ついでと言ってはなんですが、クリックもお願いします。
バナー

戻っておいで。

今日は自閉症の女の子の話しです。



去年1年間、私たちは毎日のように、その子と一緒でした。


とてもとても可愛らしい子で、私たちはその子に夢中に
なりました。


可愛らしいというのは、単に仕草や性格のことではなく、
その子への援助への難しさが一番大きなもので、

だからこそ、よけいに「可愛くてたまらない」という気持ちに
させられていたのだと思います。



この春、その子は私たちの手もとを離れていきます。


もう小学校の高学年、体も大きくなり抱っこするような年では
ないのですが、

ここ最近私は、時間があればその子をひざの上に乗せて、
ぎゅうぎゅう、ぎゅうぎゅう抱きしめていました。



こだわりから出てくる発語やこだわりがほとんどで、
いわゆる「一般的な言葉のやり取り」は難しい子でした。


先日、私はまたその子をひざの上にのせてぎゅうぎゅう
抱きしめていました。


「〇ちゃん。イヤになったらイヤだっていうんだよ。
 イヤになったら戻っておいで。」


可愛くて可愛くてたまらなくて、
顔と顔をくっつけて、
小さい声で誰にも聞こえないように、
言ったつもりでいたのですが、

普段、なかなか言葉でのやり取りができないその子が

「ホッペニチューダネ。」

と言ってきました。





本当に、

私たちには、

何の力もなくて、

ただ抱きしめて、

たくさんの言葉をかけることしか、


結局はできなかったのかなあ、と。











バナー

お手入れ。

20代の頃はぱんぱんに張っていて、
今にも破裂しそうだった私のほっぺたも、

ここ数年は買ってから3日目の、お祭りの風船のように
全体に「しわ」が寄ってきて、

何だか色つやもすっかり悪くなってきました。


しかし、アンチエイジング化粧品などは×。

化粧品の中の特に油分を多く含んだものは、どうしても体が
受け付けないのです。


そういう訳で、たっぷり油を含んだクリームを塗り込むことが
できない私は、温泉水などのスプレーを使っています。


エ●アンとかア●ンヌとか、そういうのですね。



ところが、1年1年乾燥具合が進んでいるようで、最近では
ただスプレーしているだけではどうにもならなくなってきました。


そこで最近愛用しているのが 『フェイス・マスク』 とでも
いうのでしょうか、「顔型の薄いシート」。

それを顔にのっけて、しゅっしゅっと水分を染み込ませる。

水分が蒸発しにくいため、お肌への浸透具合が良いだろう、
そう信じて日がなスプレーに励んでおります。




ただこれ、家族には評判が悪いのです。


自分が鏡で見ても、はっきり言ってコワイ。


『13日の金曜日』にチェーンソーを持って出てくる、
ジェイソン にそっくりなのです。


もう少し昔の映画だと『犬神家の一族』の 佐清


夫はもちろん犬たちも、

「お母さん?
 お母さんだと思うんだけど、ちょっと違う人みたい。
 お父さんはげらげら笑って、すけきよだ、すけきよだ、
 って言ってるけど。
 すけきよさんですか?」

とでも言っているように、こちらの顔を覗き込んできます。


ええ、ええ。
あなた方には分からないでしょうよ。

佐清と言われようとジェイソンと言われようと、取りあえず
重力と乾燥に逆らっておきたいんよ。



でも、猫だけは無関心。



「何が犬神家だニャ。
 もっと怖いのは、猫神家だニャ。
 おっかあが猫神様より強いわけがないニャ。」


あ、いえ、強いとかそういうのとは違うんですが……。








ランキングに参加しています。
ジェイソン・佐清に共感できる方は、クリックをお願いします。
バナー

ジャニーズ。

昨日、キムタクのドラマの話しをちらっと書きました。


実はsmap、結構好きで、ライブに行ったりしたことも
あります。


みんなきゃあきゃあ騒いで、踊りまくって、そりゃもう、
“祭り”状態。


もちろん「郷に入りては郷に従え」。

私もむちゃくちゃに踊りまくって、ぎゃあぎゃあ騒いで
へろへろになって帰路につくのです。


smapのファンは、年齢層が高め。

メインは40代かも。



ライブの会場から電車で帰る時、ああ~疲れた~と
キムタクの写真のついたうちわで己を扇いでいると、

向かいの席のオバサン(そう見えた)も、香取慎吾の
うちわを持って呆然としている。



……っていうか、私と同じくらいの年のヒトだよ。

きっと向かい側の人もこう思っているに違いないのです。



「あ、向かいのオバサンがキムタクのうちわ持ってる~。」





そんな具合にsmapも好きですが、以前記事を書いたV6も
最近お気に入り。


未だメンバーの名前は覚えていませんが、
最近の「ドライブの友」はV6のCD。


でも、一体何を歌っているのか分からない。
は、はやすぎる。


『リスク』という曲の一部分で、

  あざ笑う幻聴に  耳を傾けるな

と歌っているのですが、どうしても私の耳には、

  朝笑う県庁に  耳を傾けるな

としか聞こえませんでした。
(歌詞カードを見て、初めて間違いに気がついた。)



また、この歌の別の部分では、

  振り向けば  Break down  
  目をそらすな  Take a chance


という歌詞を、長いこと

  振り向けば  ベッカム  
  目をそらすな  Take a chance


だと聴き間違えていて、これはきっとサッカーの応援用の
歌なのかも……と思い込んでいたのです。



思い込みで、勝手に解釈するあたりが「オバサン道」を
まい進している証拠ですよね。


しかし、そんな自分が結構好き。


ジャニーズは歌が上手くても、上手くなくてもいいんです。

ケンメーに歌う声が良い。


V6も嵐も、ジャニーズはみんなかわええの~








ランキングに参加しています。
オバ丸出しの日記でよければ、クリックをお願いします。
バナー

リアルの面白さ。

昨日のラジオ番組を聴いて。



作家の小川洋子がナビゲーターかコメンテーターか、
とにかくある作品についてを解説しつつ、

その合間に音楽を流すという番組があります。


昨日の作品は、川上弘美という方の『蛇を踏む』。

芥川賞を受賞した作品なそうです。
恥ずかしながら、存じませんでした。



数珠屋に勤める女性が、ある日蛇を踏んでしまった。

その女性が家に帰ると、踏んでしまった蛇の化身である
女が待っていて、それから二人の同居生活が始まる。

という、かいつまんで説明してしまうと、すごい話しです。



この作品について、小川洋子が作者本人の談として
「ウソの話しの中にある真実の話し」 だということを
語っていました。


虚構の設定の中にあればこそ、真実の心の動きが
見えるのだとか。



そういえば、ずーっと前『ロング・バケーション』という
キムタク主演ドラマがあって、

10才近く年上の女性が、年下のピアニストの部屋に
転がり込み同居生活を始める、という、どう考えても
そんなこと絶対になさそうな設定でした。

でも、面白かったなあ。


まあ、芥川賞の作品とキムタクのドラマを並べるのも
乱暴な気もしますが、

理屈は同じな気がします。


芥川賞でもテレビドラマでも、娯楽は娯楽。



映像や設定のリアリティより、感情の交差のリアリティが
一番心ひかれるし、面白い。



リアリティをどのくらい共感できるか。



私の娯楽のポイントです。

……ということで 『蛇を踏む』、読むことにします。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

今日も夫の話し。

毎度おなじみ「夫の間違い言葉シリーズ」の投稿です。



ここ数日、天気も良くて暖かい日が続いていますよね。

夫が季節の話題として、職場でこう発言したそうです。


「春になると花粉症が飛び回って大変だなあ。」
(注・夫は花粉症ではない。)


うーん、花粉症は飛び回らないんじゃないかなあ。
まわりの人から何か言われなかったかい? と私。


「あー、言われた言われた。花粉症は飛ばないですよ~って、
後輩たちから青い目で見られたよ。」





マジすか……。
私も青い目で見ちゃうぞ(泣)。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

スーさんは知っている。

スーさんは知っている。

誰が、どのくらい忙しいかを。



私と夫は、それぞれ1台ずつパソコンを持っています。
用途は遊びに半分、仕事に半分。


悪夢のような日々だった、決算期が終了した私ですが、
事業年度の終了期が近い夫は、仕事を持ち帰りの日々。


夕食後(と言っても9時とか10時とか)には、二人そろって
パソコンタイム。


それぞれに、遊びや仕事の世界へ没頭していきます。





そして、スーさんは知っているのです。
私と夫と、どちらがせっぱ詰まっているかを。



絶対に遊んでいる方のパソコンには乗りません。


必ず、きちんと仕事をしている方のパソコンを選んで
ご丁寧にキーボードの上にのってくるのです。


はらってもはらっても、のってくる。


まるでゾンビーのよう。





スーさんの目的はただ一つ。


「メシ、よこせ。」





犬のしつけには細心の注意を払って、食事の管理も
徹底している(つもり)の私たちですが、


スーさんに関しては、ふりまわされっぱなし。





スーさんが犬じゃなくて、(しかも大型犬じゃなくて)

本当に良かった。







スーさんは、ランキングに参加していることを
知っているのかしら?
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー


「知ってるニャ。クリック、クリックだニャ。」 (byスーリー)

いいかげん。

市役所から、「狂犬病予防注射申請書」が届きました。



申請書。




よーく見て下さい。

ゴゴ(ゴン太)とクー(クー子)の誕生日が、4月29日と
年は違うものの、同じ日になっています。


しかし、これはウソです。


犯人は私。





ゴゴとクーは地域の集団注射ではなく、かかりつけの
病院で狂犬病の予防注射をしています。


私はほぼ毎年、病院での注射の時にこの申請書を忘れて
行ってしまうのです。


しかし、忘れていっても大丈夫。


その場で飼い主が書けば、注射はしてもらえます。


でも、その申請書の記入にあたって、毎年難関がわたくしを
待ち構えています。


「犬の生年月日」の記入。





本当にひどい飼い主だとは思っているけれど、どうしても
犬の生年月日が覚えられません。

(犬以外にも、記念日などがまず覚えられない。)


さすがに何年生まれかは、その場で指を折ってみるとまず
間違えはしないのですが、


…………誕生日。


…………覚えてない。





ゴゴは毎年、違う誕生日を記入されていると思います。


去年も、また思い出せなかったので、取り合えず両名を
同じ誕生日にしてしまいました。


本当にダメなおっ母です。





今年こそ、この申請書を忘れずに持っていって、まずは
生年月日を固定させなければ。

正しい生年月日については、とりあえず後で考えよう。





今度、次に犬を新しく飼うことがあったら、スーさんのように
分かりやすく、誕生日にちなんだ名前をつけることにします。


7日だったら「なな」とか、16日だったら「わむ」とか、
23日生まれだったら「ふみこ」とか、


とにかく、何か思い出せるような名前にしようと思います。








このバナーを貼るのも、忘れないようにしなければ。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

生きているって、素晴らしい。

今日、大きな幅の広い道を運転している最中に、
歩道側を犬と散歩をしている人を見かけました。


少し遠くて、犬種が分かりにくかったのですが、
ビーグル?


いや、あの色は……





イエローのラブラドール・パピーではないか!


これが仕事中でなかったら、
すぐにでも飛んで行きたいくらいだったのですが、

泣く泣く車中より、見学。


…………。


ウソです。


仕事中でも犬に触りに行ってしまい、よく脱線して
迷惑をかけています。





で、そのパピーちゃん。


本当に『おさんぽデビュー』したてだと思います。


ぴょこぴょこ歩くその姿からは、このようなオーラが
漂っていました。





生きているって、素晴らしい(ワン)。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

責任者。

卒業シーズンに因んで、手前みそながら学生の頃の
思い出話しを “おひとつ”。



大学生の頃、私は音楽系サークルに所属していて、
大から小から様々なコンサートに参加していました。


コンサートをするにはお金がかかります。


一番大きいのは会場の賃料。


有名人のコンサートだったら、その他にギャランティ
というものも発生するのでしょうが、

学生が出演するコンサートといえば、

出演者みんなが「チケットノルマ」と言って、何十枚もの
チケットを知人友人家族その他大勢に売って歩くのです。


売って歩くというのは建て前で、大概の人は
「自分が出るからコンサートのチケット買ってえ。」
とは言えずに無料で譲り、

つまるところは自腹を切って、コンサートに出演していた
わけなのです。


好きでやってることなので、全く文句は言えない仕組み。



私はといえば、同じサークルの人意外に、友だちどころか
知り合いすらも皆無の状態だったので、

最初から譲ることもしないで、その辺に放っぽっておいた
記憶しかありません。


……今とあまり変わらないなあ。


今だって家の犬猫と、近所をうろうろしている外猫くらい
しか友だちいないし。(←友だちか?)




チケットノルマの話しも思い出が尽きないのですが、
これ以外にもお金を集める作業がありましてですね。


『広告取り』です。


よく、地域のお祭りや運動会なんかで
「〇〇町内会の夏祭り開催をお祝い申し上げます。」
なんて文言と共に会社の名前がのってたりします。


あれには宣伝効果があるということで、企業や会社から
「広告料」をもらい、それを行事の費用に充てるわけです。


で、学生やアマチュアがコンサートをやる時にも、
資金繰りを少しでも良くするために、この『広告取り』を
やるわけです。



私もやりました、『広告取り』。


学生相手の不動産屋とか、大学近辺にある学生が良く
使うようなお店、

――コンビニ、居酒屋、自転車屋なんか――

からは、割と快くOKをもらうことができたのですが、

下っ端のペーペーの頃にはその仕組みが良く分からず、
手当たり次第にその辺の店や会社に飛び込んでしまい、
門前払いをされていたものでした。


「背広のお仕立て、致します」なんて看板の出ている店で、
学生相手に広告出しても仕方ないですから。


あと、何も分からずに「〇〇種店」なんていう、
農家の人向けに種や苗を扱っている店に入ってしまって
おん出されたこともありました。


それから、店に入るととりあえず最初に

「責任者の方はいらっしゃいますか?
 わたくし××大学の学生の者なんですが……」

というあいさつで始めるというマニュアルもありました。


私もあっちこっちで、

「こんにちは、××大学のものです。
 すみません、責任者の方いらっしゃいますか?」

と聞いて歩きました。



ある八百屋だったかスーパーだったか入った時のこと。


何人かの人が、忙しく働いているところへお邪魔をし
マニュアルセリフを語った私に、

すぐそばにいたおじ様が、ちょっと面倒くさそうな顔で
こう返してきました。


「さあねえ。そんな人いるかなあ。
 うちの店は全員が責任もって働いているからさあ。」




今は昔、懐かしき学生時代の思い出也。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

今日の夫。

今日の夫発言。



私は、ぱらぱらと犬の本を見ていました。


カラーで写真がたくさん載っている、犬の百科事典というか
カタログというか、

とにかく色々な犬種が紹介されている、大判の本です。


私はこのテの本がとても好きで、毎年新しい版がでると
ついつい買ってしまうのです。


その中に、ドーベルマンの写真が載っていました。


以前のように断耳をしないでたれ耳のまま、というのが
最近の流れらしいです。



断耳をしていないドーベルマンは、精悍なイメージとは
かけ離れていて、とても可愛らしく見えました。


私は夫に本を見せながら言いました。


「ねえ、見てみて。可愛いよねえ。
 この犬、何だか分かる?」



夫はしばらく考えて、こう言いました。





「あ~、……あれあれ。

 ジェントルマンだよね?」





ひっ。







ランキングに参加しています。
今日の夫発言がお気に召しましたら、クリックをお願いします。
バナー

思い込み。

クーはドライヤーが苦手です。

シャンプーの後には、ドライヤーを使うことが分かっているので
洗っている最中からブルブルブルブル、ふるえっぱなし。



クーは携帯電話も苦手。

突然音楽が鳴り出すし、お母さんは「それ」としゃべりだすし、
理解不能なことが多く、

携帯を水戸光圀の紋所のようにヤーと見せるだけで、狼藉者の
家臣たちのようにあとずさりしてしまいます。

(さすがに頭はさげません。)



クーは 『ほー』 も苦手。
絶対、ダメだとかたくなに信じ込んでいるふしがあるのです。




そうなんです。

クー子さん、思い込みが強い犬で、とにかく自分がダメと思うと
何が何でもダメなようです。


ドライヤーも何がダメなのか。


ただ「コワイ・コワイ・コワイ・コワイ……」と暗記科目のように
自分自身に刷り込みをしているからなんじゃないの~?

だって、花火は平気だしさ。



「思い込みが激しい」と言われる所以は、他にもあります。


彼女は、1才を過ぎてもしばらく階段を登れませんでした。


明らかにフィールド系の体型のラブラドール。
走るのも飛ぶのも、フリスビーなんかも上手なクー。


でも、登れなかった。


理由はカンタン。


「あたし、ここ登れない。」と思い込んでいたから。



ところがある日、スーさんを追いかけていて、無我夢中で
登ってしまったことがありました。

その日は1日中、

「わあい、あたし登れるんだあ。登れるんだあ。」

とでも言うように、何度も階段の登ったり降りたりを
繰り返していたものです。



だからねえ、クーちゃん。

あなた、思い込みが過ぎるんだよ。

ドライヤーはあなたを脅かすための道具じゃないんだし、
絶対に痛い思いや熱い思いはさせないんだから、

もう少しだけドライヤーに慣れてくれると、お母さん、

ちょっとは気楽にシャンプーできるんだけどなあ。








ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

後続車の歌う人。

運転中に交差点で赤信号になり停止。

その時ふと、ルームミラーで後続車を見てしまうことがあります。



今日の後続車の男性は、激しく歌っていました。

もちろん音楽の内容まではわかりませんが、かなりハードな曲を
歌っていたと思われます。


目をつぶり(そう見えただけ?)、頭を左右に振り、大きく口を開け、
「セサミ・ストリート」の人形の動きのようにも見えました。


しばらくすると、私は思いました。


あれ、この人誰かに似ている……。





…………。





…………。





あ。





将棋の羽生善治に似てる。





羽生をちょっとふっくらさせたような顔に、下がり気味の眼鏡。

激しく首を左右に振り、歌う後続車の男性。

ついでを言うならば、彼の乗っていた車は日産のマーチ。



これぞ、組み合わせの妙と言えるのではないでしょうか。







ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

『うえるふぇあ』アップしました。

本日も2件、古い記事ですがアップしておきました。

全て2007年3月1日に入れてあります。


とりのおもいで。

数日前、そう遠くない場所にある干潟に「鳥を見に行きたい」
と両親から頼まれたので、帰宅後に下調べをしていました。


明日は休みだし、平日なので何かと都合がいいかしら、
などと思いながら、インターネット。


今はネットで、駐車場や経路やナイス・ビュー・ポイントと、
色々な情報が得られるので、とても便利ですね~。


そんな具合に下調べをしていると、「とりをみにいく」という
言葉から、夫が10年ほど前のことを思い出したようです。



結婚して間もない頃か結婚する前か、記憶は定かでは
ないのですが、

とにかく夫と二人で白鳥を見に行ったことがありました。


白鳥や鳥に深い興味を抱いていた二人ではなかったので、
別にどこでも良かったのでしょう。


今となっては二人そろって、用もない場所に出かけるなど
思いもよらないことなのですが、

まあ、そんな時期もあったということで。


で、肝心なのはその時に見た のぼりばた です。


それなりに有名な白鳥の飛来地で、
それなりに観光客もきているというのに。


はたはたとはためいている、のぼりばたが水辺り一つ。


他には何の看板もありませんでした。








 やきとり

     ↑これだけがはたはたと……






ランキングに参加しています。
宜しければ↓クリックをお願いします。
バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。